精神・心理学

遺伝子検査の方法と遺伝子でわかる6つのこと

large-1

誰一人として全く同じ情報が書き込まれていないという遺伝子。遺伝子検査を行うと、ありとあらゆることがわかってしまう時代になりました。

最近では親子関係の確認を求めてDNA鑑定をした芸能人親子の話題が注目を集めました。犯罪科学捜査においても、DNA鑑定は今や花形的存在です。

遺伝子検査はこうした専門家による大仰な検査という印象が強いですが、現在の遺伝子検査は低コストで超お手軽。しかも、その解析内容には「そんなことまで分かっちゃうの!?」と驚かされることでしょう。

今回は、低コストから可能な遺伝子検査の方法と、遺伝子からわかる6つのことを紹介します。

続きを読む

輪廻転生で前世の記憶を持つことはある?図解と理論的9つの解釈

スクリーンショット 2016-06-09 13.27.15

『死んだらどうなってしまうのか』 遠い昔から人は死んだ後のことに多くの時間を費やしています。

『輪廻転生』という言葉を作ったように、 死んだ後魂だけは生きていて別の肉体に乗りまた生き続けるといった思考は、人間にとって都合の良い考えとも感じるが、前世の記憶を持って生まれてきた人がまったくいないわけではありません。

このページでは「生まれ変わり」を研究した人物の解釈をわかりやすく解説し、実際に語られた前世の記憶も紹介します。

輪廻転生、前世の記憶に関しての導く答えを見つけることができます。

続きを読む

プライドが邪魔をする。感情を解放させる7つのテクニック

paradise_lost_by_jennifermontes-d36v4z6

なかなか自分の本音を言えない、相手を気遣い過ぎた行動が裏目にでて関係が上手くいかない。

真面目で素直な人ほど、日常生活に苦労はつきもの。なににも縛られていないし、誰もなにも言っていないのに自分で自分を苦しめて感情を解放できないでいる人は日本人には少なくありません。

このページでは感情を良い方向へ解放させる大切なテクニックを7つ解説します。

TOP画像出典:deviantart

続きを読む

和風月名一覧|日本人なら12ヶ月をこよみで読み書きしよう

traditional-calendar

1年の12ヶ月を「1月、2月、3月」と数字で呼んでいますが、日本独自の呼び方で表すと和風名月(わふうめいげつ)といいます。

「睦月、如月、弥生」と漢字で書かれているこよみを見たことがありますよね、日本に生まれながら案外覚えていないものです。

なぜ、「1月を睦月、2月を如月」と呼ぶようになったのか、こよみの由来はそれぞれの月にありますので、より詳しく説明していきたいと思います。 

日本人の美意識の権化をしることができます。

TOP画像出典:rising sky

続きを読む

地震が来た時の対応マニュアルと現在までの起こる可能性

9677705ad535ee1e30b715c4cc16a45ce59d8d8514

地震が来た時、私たちはどう対応すればよいのでしょうか。

日本では、規模によらず毎日の様に地震が起きています。世界地震分付図を見ても、日本ほどM6.0以上の地震が頻発している国はありません。

つい先日も熊本で震度7の大地震が起きました。現在、その熊本の大地震が、近い将来必ず起こるとされている南海トラフ巨大地震の予兆ではないかと不安視されています。

あなたや、あなたの大切な人を守るためには、地震発生時の迅速かつ冷静な行動が求められます。

今回は、地震が来た時の対応マニュアルと、現時点で起きる可能性がある地震を見ていきましょう。

続きを読む

世界の奇祭|魔女狩りと関係のあるベルギー猫まつりの由来

CbsbeeE005030_20150511_BSMFN0A002_11n

3年に一度街中が猫だらけになり、仮装した人でいっぱいになる祭りを知っていますか?ベルギーの西部にあるイーペル(Ieper)という街で開催される猫祭り「Kattenstoet」の事です。

猫や魔女などの姿に仮装した人達や6mもある巨大な猫の人形のパレードがあります。大人から子供まで約1000人が練り歩きます。

海外からの観光客もたくさん集まり、猫好きが集まる祭りとして有名です。さてなぜ猫祭りが始まるようになったのでしょうか。

お祭りはとても楽しい内容になっていますが、猫祭りの由来にはとても悲しい歴史があるのです。

次回の猫祭りに行こうと考えている人はもちろん、行ったことのない人にも知っていただきたい由来です。

楽しい祭りの裏にある由来について詳しく説明していきたいと思います。

TOP画像出典:xinhuanet

続きを読む

世界の人口は増加し続ける!その原因と現在から抱える問題

viewimg

2011年、世界人口が遂に70億人を突破しました。

日本では少子化による人口減少が問題視されていますから、いまいちピンとこないかもしれません。
しかし、世界では20世紀に入ってから爆発的に増えた人口が、今も増加の一途にあるのです。

このままいくと2050年までに97億人、2100年には112億人まで増加し、様々な問題が深刻化すると予想されています。

一体なぜ世界では人口が増加し続けているのでしょうか。また、人口が増加することによって、人類はどのような問題を抱えることになるのでしょうか。

今回は世界の人口増加の原因と、深刻化する諸問題を特集します。

続きを読む

柏餅はなぜ食べる?子供の日の由来を知って端午の節句を祝おう

Žl–œì@˜a

5月5日は子供の日ですね。鯉のぼりを飾り、勇ましい男の子の人形やカブトを飾り、柏餅とちまきを食べて男の子の成長をお祝いする祝日ですね。
さすがにその全部をやるご家庭も少ないですよね。

最近では、ゴールデンウィークのイメージが強いですが、もともとはどんな意味がある祝日なのでしょうか?子供の日の由来を知って、子供との思い出作りを10倍楽しくしましょう。

続きを読む

5月のマドリードは闘牛シーズン!伝統行事『闘牛』の由来

url

『闘牛』といえば、闘牛場で赤い布をヒラヒラさせて牛を威嚇し、戦う人達の姿を思い浮かべたり、牛同士を戦わせていたり、闘牛と言っても各地において、さまざまな形があります。

ヨーロッパの南に位置するスペインでは、闘牛が国技となっています。そしてスペインのマドリードでは5月が闘牛のシーズンとなっていて、毎日闘牛が開催されるお祭りもあります。では、なぜマドリードで闘牛が行われるようになったのでしょうか。

闘牛の由来は、歴史家によりスペインで始まった説と、スペイン外で始まった説とで対立しています。今回はその両方について説明していこうと思います。

伝統行事として現在まで伝えられている闘牛にはいったいどんな歴史が隠されているのでしょうか。そして現在の闘牛はどのように行われているのかについても詳しく説明していきたいと思います。 

続きを読む