精神・心理学

夜も眠れない脳裏に焼きつくトラウマを克服する方法

img_042f9fd31e50eeca94c4e87662dd2420365183

ふとした瞬間に脳裏に浮かぶ嫌な出来事はありませんか?人はそれをトラウマと呼び、語源はギリシャ語で『傷(trauma)』という意味の言葉です。

トラウマの定義は意識していないにもかかわらず、瞬間的にその時の体験や感情に襲われてしまうなど日常生活の中で起こるので、大人になってもその恐怖を取り除くことが難しいもの。たとえどんなに屈強な人物であっても一つや二つ弱点となっていやしませんか。

  • 水が怖い
  • 満月が怖い
  • 犬が怖い
  • 鳥が怖い
  • 先端が怖い
  • ピーマンが食べれない

トラウマは個人の経験に準じたものなので部外者にとっては理解できないものですが、トラウマ条件が揃うことによって引き出され本人を瞬間に襲い気分を落ち込ませ復活するのに時間がかかたりします。

肉体面・精神面に同時にキャパを超えた衝撃を受けたことが原因、今回は人間がトラウマを抱えてしまう理由と克服する方法を解説していきます。

トラウマを自覚していない人にとっても自分に隠されている怯え・恐怖心を知ることができます。

続きを読む

《水の音》聴くだけで心の不安が消える音、水琴窟の癒し効果

shutterstock_455083561-1

水道水の水を飲むことができる日本は昔から水に恵まれた国で、水道が発展する以前は井戸水を使用しており、一家に一つ井戸が設けられていました。

水が豊富なので、米や野菜も豊作であり日本食の発展に水質の良さは計り知れません。そんな水の恩恵を受け続けてきた日本人にとって、今回は水が奏でる『音』についてのお話です。

江戸時代より水琴窟という手洗い場が設けられ水のせせらぎはとても身近なもので、水の音を聞けば『涼しさ』『癒し』を感じます、人によっては眠りについてしまうほど水の音は騒つかせた精神を平常に静寂をもたらすのです。

井戸や水琴窟が設けられなくなった今、水のせせらぎは耳を澄ましても聞くことはできません。水琴窟の響き音も動画で掲載していくので昔ながらの水の癒し効果を体験しましょう。

続きを読む

「家って欲しい?」所有欲を捨ると自由になる9つの理由

large-6

大きな家、立派な車、おしゃれな服、たくさんの友達、お金持ちで優しい恋人や夫・妻、最新のデジタル製品…挙げればきりがありませんが、自分の持っているものを「素敵だ」と評価してくれる人達がいるかもしれません。

でも、他の人から見られてどう思われるかを第一優先にして物や人付き合いを選んでいるとしたら、注意信号です。

自分の幸せは、人の評価ではなく、自分自身の心が決めるものだからです。最近、「持たない暮らし」という生き方が注目を浴びています。自分の人生にとって必要なものを厳選し、それ以上のものを持たずに生きていくのです。

「ミニマリスト」という言葉も近年聞かれるようになりました。彼らは、自分にとって何が必要か、本当に必要かを常に考え、それ以外の要らないものを捨てる、または手放すことによって、とても豊かで幸せな生活をしているのです。

所有欲を捨て、最小限のもので心豊かに暮らすことで自分にどんな変化が起こるか、探っていきましょう。

続きを読む

白人が恐れたネイティブアメリカンの儀式ゴーストダンスの精神

large-2

アメリカ大陸をインドだと勘違いしたコロンブスからはじまり白人たちによって不当な迫害を受け続けてきた先住民ネイティブアメリカン。

その差別と迫害の傷跡は現代も深く残り、深刻な問題でもある。

ネイティブアメリカン達を支配しようとした当時の白人は、大自然とともに生きる彼らの優れた能力に危険・恐れを感じ、無差別的な虐殺の悲劇を引き起こしました。その虐殺のきっかけの一つとなった「ゴーストダンス」について今回は解説していきます。

教科書には取り上げられないアメリカの歴史を知ることは日本にも無関係ではありません。

続きを読む

《デジャブとは》初見なのに懐かしさを感じるデジャブの意味

large-5

初めて訪れたはずの場所なのに、何故だかどこか見覚えがあって懐かしいと感じた経験はありませんか?

この不思議な感覚はデジャブと呼ばれていて、日本語では既視感と呼ばれているものであります。 気のせいかと流してしまいがちですが、人によっては前世での記憶がデジャブとして現れることもあると聞きます。

経験したことが無いのに経験したように感じる不思議なデジャブ、そこに意味はあるか解説していきます。

続きを読む

どうしたらいい?自分の気持ちがわからない時の対処方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-17-03-10

一人しかいないのに自分が見つからない。そんな感覚に襲われたことは、誰しもあります。精神性が高い人に限って孤独や悲しみを隠す癖のようなものがあり、そういった自分の本音への不安を閉じこめています。

人は輝けば輝くほどその後ろに影ができることを恐れています。大きく灯台のような存在である人であればあるほど灯台元暗し。何度も過去を振り返り『自分は誰だ?』と潜在意識の中で問いかけ続けているのです。

今回はどんなに社会性が高い方でもひっそりと抱えている『自分の気持ちがわからない』お悩みの解決できるヒントを解説します。自分に自信がないことは、これは誰も悪くない事故のようなものですから、肩の力を抜いて解いていきましょう。

続きを読む

サイコパスの分岐点とは?15分でできるサイコパステスト3選

large

人間にはもともとサイコ的な遺伝子が備わっているのかもしれない。そんな仮説があるならば、永遠に潜伏させておきたいもの。今回は、人間の中でも『サイコ的』な要素に迫ります。特に精神的な部分では、『サイコパス』と表現されることがあります。

サイコパスとは

『精神病質(その人格のために本人や社会が悩む、正常とされる人格から逸脱したもの)である人』という定義がなされています。

時代が移り変わることにより、人の心理や精神は解明され変化しています。それは今後の未来も変化し続ける分野です。

今回は、犯罪心理分析によるサイコパステスト、実際の犯罪者たちに使われもにに近いものを解説。なかなか、ぞくっと背筋の凍るような話です。さらにサイコパスの定義・実際に簡単なサイコパステストを3つご紹介します。

TOP画像出典:HannahChase

続きを読む

《灯篭流しとは》お盆の送り火の一種、灯籠流しの意味と行われる場所

55c56c0eb6288493a41318893bc2e3cadc1b01bf

夏の風物詩の1つ、灯篭流し。静かに更けた夏の夜、色とりどりの灯篭が一斉に川を流れていく光景は圧巻で、感動的にすら見えます。

実際に灯篭流しをしたことがない、という方も、テレビや写真などでその光景をご覧になったことがあるでしょう。皆さんの気持ちがしっかりと込められた灯篭が、淡い光を保って静かに流れていくのです。しかし、この灯篭流し、全国で行われているものではないんですね。

死者の魂を弔う為に行われる行事ですが、灯篭を海や川へと流すことで環境の汚染を心配し、色々な配慮を行う地域もあります。今回は、灯篭流しに込められている意味や、行われている場所など、この行事についてお伝えしたいと思います。

続きを読む

《被曝体験談》広島・長崎から考える原爆の日とは|永久保存版

large-2

毎年くる日本の夏には忘れてはならないことがある、戦争と原爆投下そして終戦。

2016年現在。当時の体験者の方がご存命のうちにこの記事を投稿したいと思い今回とり上げる運びとなりました。

  • 8月6日広島原爆の日
  • 8月9日長崎原爆の日
  • 8月15日終戦記念日

日本が無条件降伏をすることによって、太平洋戦争に終止符が打たれた日。日本中の人々が多くの悲しみと傷を抱えながらも、「辛く長い戦争がようやく終わった……」と迎え入れた暑い夏の出来事でした。

その終戦の直前に、2つの恐ろしい原子爆弾が広島と長崎に落とされました。毎年、慰霊者を弔うため、そして世界平和を新たに誓うために行われる平和記念式典の様子が毎年メディアで放送されています。

当時の記録をもとに記載するのでその方略と人の心情を一人でも多くの方に覚えておいてほしい。

続きを読む