精神・心理学

夢からのメッセージ|予知夢を見る方法とよく見る人の特徴

d-room

「この夢には、何かメッセージがあるはずだ」

目が覚めた時、そんなふうに思ったことはありませんか。

科学的な根拠がないという理由で、夢が未来を予知することは世間ではあまり受け入れられていませんが、現実に夢で見たことがおこったら予知夢だと信じたくなるかもしれません。

夢の中で拾ってきたジグソーパズルのピースが、現実空間にぽっかりと空いたスペースをぱちりと埋めてしまう、不思議な瞬間です。人間の脳は一体なぜ、こんなことを見ることができて起こるのでしょう。

ここでは予知夢をみる方法を中心に、そもそも予知夢とは何か、またどのようにして起こるのか、そのメカニズムに触れていきたいと思います。

想像をするのは人間特有の特徴です、良い予知夢ならみたいと思ったことは一度はあるのではないでしょうか。

TOP出典画像:yreasure

続きを読む

正夢と予知夢の違い|未来を予感させる夢の真実と対処方法

magritte

「予め知る夢」と書いて予知夢のことです。

未来を現す夢は、全て予知夢に含まれると言われています。

正夢は、予知夢という大きなカテゴリーの中に含まれるものの一つです。

「夢で未来を見る」という点でとらえれば、正夢と予知夢は同じようなものかもしれません。

予知夢には色々な種類があります。

その中でも「正夢」だけが、他とは違った特別なキャラクターがある印象を受けます。

例えば、こんなことがあったとしましょう。

  • 朝起きてから寝るまで、一日が夕べ見た夢と全く同じだった。
  • 何かが起こった時、この場面はいつか夢で見たことがあると思う。
  • 夢で知らないおじいさんが出てきて、私の腕に触れたら翌日同じ場所を怪我した。

これらの夢は、同じ未来に関する夢でも、意味合いが違ってきますね。

予知夢と正夢、両者の持つ微妙なニュアンスの違いをある程度把握しておくことで、
夢を見た後の私たちの現実の対応も、変わってくるかも知れません。

ここでは正夢と予知夢の違いについて、触れていきましょう。

TOP画像出典:dreamsexplored

続きを読む

ソウルメイトの見分け方|運命を共にするパートナーの特徴

soulmate

「もうこの人しかいない。自分にはこの人だけだ」

仲のいい親友か、それともあなたの恋人にそう感じたことはありませんか?

相手もそう感じていたらお互いにとってのソウルメイトかもしれません。

ソウルメイトは運命を共にするパートナーのことで、もし見つけられていないなら人生が終わるその前に一度は出会いたいと思いませんか。
そのためにもソウルメイトと具体的にどうすれば出会えるのか・その人が本当にソウルメイトなのか見分ける方法を紐解いていきましょう。

一方的にフラれたりしてやっぱり違った。何てことにならないためにも、一度確認しておくのをおすすめします。

TOP画像出典:FOREVER CONSCIOUS

続きを読む

アカシック・リーディングで予知された知るべき重大な出来事

akashic-records

20XX年に世界は滅びる。なんて予言をきいたことはありませんか?90年代にマスコミの煽りもあって、かなり話題になっていた

「ノストラダムスの大予言」です。

こちらは外れた予言でしたが、世界的に認められている未来を予知する予言者は数多く存在しています。

この未来を読み解く力をアカシック・リーディングといいます。

歴史上の予言者はなぜ予言できるかというとこのアカシック・リーディングができる人だったわけです。

現代ではこのアカシック・リーディングは訓練すればあなたにもできる可能性が十分にあり、もし、あなたの未来があなた自信でわかったとき、運命をかえ豊かに生きていく選択ができるでしょう。

今回はアカシック・リーディングのやり方から予言されている知っておくべき世界の出来事をご紹介していきましょう。

TOP画像出典:Akashic reading

続きを読む

インナーチャイルドの癒し方|心の奥底に潜むトラウマを改善する

インナーチャイルド

あなたはもしかしたら、子供の頃におってしまった心の傷(トラウマ)に悩まされていて、そのインナーチャイルドを癒したいとお考えて、この記事にたどり着いたのかもしれませんね。

その記憶は、とても辛く、今もあなたを苦しめているのでしょう。

しかし、大人になったあなたは、これらの傷を癒して、自分らしく強く生きていくことができます。

この記事では、インナーチャイルドを癒して、本当の自分を取り戻す方法を書きました。

傷ついた心の幼いあなたを、しっかり抱きしめ愛溢れるあなたの胸の中で、共に未来を開いていくことを誓っていきましょう。

TOP画像出典:DIGITAL TRENDS

続きを読む