《デジャヴとは》デジャヴの具体例と見た時の対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
large-3

デジャヴを体感するというのは、どんな感じなのでしょうか。 日本語では「既視感」(きしかん)と呼ばれ、ある光景を見て、前にも見たことがある、とか来た覚えがある、と錯覚する現象と言われますが、自分の身に起こった時どうしよう、怖いのでは?と思う方もいらっしゃると思います。

体感した人にとってどんな意味があるのか、原因として考えられることはどんなことがあるのか…一般的に言われている事以外に何か考えられる事はないのでしょうか。

脳の誤作動だとする説もありますし、そうではなく何か怖い事なのでは?と考える方もいらっしゃいます。では、実際にはどうなのでしょうか。 今回はデジャブについて具体例をあげ、実際にどのように考えることで対処していけばいいか解説していきます。

1.日常生活の中で現れるデジャヴの正体

large-1

デジャヴは日常生活の中で起こることが多い、と言われています。例えばデジャヴを体験した人の中には、以前と同じシチュエーションで、同じメンバ―、同じセリフを話している時に、「あっ!前にも同じ事話してた」と気がついた、という話も聞くことがあります。

何気ない生活の中で、用事をしたりお風呂に入ったりしている時などに家族と話をしている最中、なぜか前にも同じ会話の内容を話していることをはっきりと思い出しながら、同じようなシチュエーションで、同じセリフをそっくりそのまま話している事に気がつくのです。

慣れていないと、びっくりしますよね。実際には、気がついた時点で会話の内容は少しずつ変化していきますが、では、どうして何度も同じシチュエーションで繰り返し起こるのでしょうか。

2.デジャブが繰り返して起きる理由

large

日常生活をおくる時に常につきまとうのは、やはり人間関係のもめ事が多いと思います。
ケンカして泣きたくなったり、相手に対して怒りを感じたり…

「ああ失敗、こういう風に言えば良かった」
「こんな風に言えばケンカにならなかったのに…」
「どうしてあんな事を言われなければならないのだろう」

と、その時に言えなかった自分に腹を立てたり、相手に対して憤慨したり…自分が言ったことで相手を傷つけるつもりもなかったのに、相手の受け止め方によっては相手を傷つけていたりもします。

デジャヴが起きるときに考えられる事の一つとして、同じようなシチュエーションが起こった時に、自分や相手の会話の中で、相手に対してどういう風に言えば自分の考えが相手に正確に伝えられ、また相手を思いやる事ができるのか、それを繰り返しの中で経験し、勉強しているのではないか、と思うのです。

  • ケンカするくらい腹を立てるなら、こんな風に言えば良かったのかもしれない
  • 知らずに相手を傷つけていた、こういう風に言えばよかった
  • 相手にも自分の考えを分かってもらいたいけど、どうすれば上手く伝わるのか

もちろん、人間関係のもめ事ばかりのデジャヴがすべてではありませんが、こういった繰り返しの場合には、その人の人生での課題を繰り返しの中で体験することで、どのように対処するか、という事を勉強していると思うのです。

それぞれの人が、自分の課題をクリアするために、同じようなシチュエーションを体験しているのです。

3.デジャブで来たことがある場所を見る意味

large-2

旅行に行った先で、ふと感じる感覚…「ここ、前にも来たことがあるような…」でも、思い返してみてもその場所に覚えはありません。これは割とよくある事だと言われています。

自分は覚えていないと思っていても、心の中の深い所に忘れてしまった記憶があって、以前見た風景で感動した事や、ホッと癒される風景を覚えていたりするのかもしれません。

旅行に行った時、ふと周りの景色を見て感動するとき、以前感動した風景と重なってデジャヴが起こる、そういう事はあると思います。

それに、やはり緑の多い場所には癒しの力があると言われますし、心の解放感もあるのでしょう。そういった場所では、デジャヴのような感覚が起こりやすいのかもしれません。以前の記憶、と言っても自分では全く覚えのない事で恐怖を感じたり、懐かしく感じたりすることがあるとすれば、ひょっとして「前世」と呼ばれる自分の古い記憶の中に懐かしい風景があるのかもしれません。

4.デジャブは前世の記憶説は不透明である理由

large

前世(生まれ変わり)というものが本当にあるのか、確認できる人はいないと思いますし、科学的にもまだ解明されていない事だと思います。

でも、もし繰り返し「生まれ変わり」があるとすれば、深く傷ついた古い記憶や、自分にとって忘れられない喜びなどの記憶が何らかの形で表面に出てくることはあるのかもしれません。

ある風景を見て古い記憶が呼び覚まされ、記憶の中の風景と現在の風景とが重なって懐かしく思うこともあるのだと思います。 ふと感じる懐かしい感覚…その記憶を呼び覚ますような風景を見たり、「前世」で同じようなシチュエーションで自分の身にあった出来事を、今の時点で再び経験しているかもしれません。

5.デジャブは偶然の一致である可能性は?

0174245_kannzennniitti02-600x315

出典:imgur

デジャブが偶然の一致の事を考えたことはあるでしょうか。 偶然、という言葉で普段起きている奇跡を深く考えたことがあります。それは小さな偶然から大きな偶然まで様々な形で現れます。

小さな偶然なら、普段いくらでも起っています。 例えば、コンビニで探している物が見つからずウロウロしていると、たまたま物が落ちたので拾って棚に戻そうとしたら、その横に探している物が見つかった、というような事があります。

他にもよく話題の記事の中に見つける事が出来ます。 最近の話題の中では、車のレース中にコースに誤って犬が入ってしまい、もうだめだ!と思った瞬間、車が大きくジャンプして犬は無事だったという話がありました。

なぜデジャヴの話に偶然の一致の話?と思われるかもしれませんが、実は感覚を研ぎ澄ます、という意味では大切な事ではないかと思います。 普段気がつかない日常の中で、小さな偶然を意識してみると、次々と偶然が起こる事があるのです。なぜそういう事が起きるのかは分かっていませんが、ちょっとした出来事に 「気づく」事で感覚が鋭くなり、デジャヴや正夢などが起こりやすくなるのではないか、と思います。

6.デジャヴは怖いものではない理由

large-1

デジャヴは怖いものではなく、心の中に忘れてしまっている古い記憶や、日常の中に埋もれてしまって忘れている出来事を思い出し、心が癒される風景を見てホッとしたり、怒りを同じシチュエーションで体験して魂の成長のために体感する出来事なのではないでしょうか。

もちろん、何の関係もなく意味もなさそうなデジャヴもありますが、私達にはまだ理解出来ない、科学的にも解明されていない事があっても不思議ではないと思います。

大昔の人が理解できなかった事を、今現在の私達は科学的に解明されることで、理解することが出来ます。それと同じように今の私達に理解できない事があるとしても、いつか科学的に解明される時が来るかもしれません。 スピリチュアルと呼ばれている事も、未来では解明されることもあるかもしれません。

7.まとめ

スピリチュアルな意味での未知の出来事や、普段意識していなかったことを意識することで体験する出来事は、自分の身に起きるとパニックになることもあるかもしれません。でも落ち着いて考えてみると、未知の世界からの貴重な贈り物を受け取った…という風に考えられないでしょうか。恐ろしい事ではなく、未知の世界からの贈り物なのです。


【2017年運勢鑑定】自宅で本格占い

雑誌やTVメディア等、全国で活躍する占い師の先生に、直接電話で占ってもらうことができる「みんなの電話占い」。

「電話なんかで本当に占えるの・・・?」と心配される方も少なくないと思いますが、霊感・霊視で視える真実があり、その的中率はananで評判になったほどです。

しかも今なら、はじめての方は無条件で最大5,820円OFFの特別鑑定を受けることができます。

  • 運勢
  • 恋愛運
  • 金運
  • 仕事運
  • ターニングポイント
  • 吉方位

など、2017年の運勢をお得に占ってもらうことができますので、今すぐ無料登録だけでもしてみてください。

行列のできる有名占い師に直接占ってもらえる機会はなかなかありません。来年2017年をあなたにとって最高の年にしましょう!

→ 今すぐ2017年の運勢を占う


あなたの2017年の運勢は?

→ 今すぐ2017年の運勢を占う

SNSでもご購読できます。