エネルギースポット|チャクラの役割とチャクラを鍛える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
shutterstock_544909087

「チャクラ」という言葉をご存じでしょうか。チャクラとは古代インド発祥のヒンズー教や仏教、ヨガで用いられる概念です。

中国では、「気功」とも呼ばれています。

チャクラが開花すると、潜在的な才能や霊的な能力が目覚めるとされています。自分でチャクラを鍛えることはできるのでしょうか。

今回は、人体のエネルギースポット「チャクラ」の役割と、それを鍛える方法を紹介します。

1.チャクラとは

「チャクラ」は、人間の身体を血液のように流れている霊的エネルギーの中継点(エネルギースポット)です。

shutterstock_633341621

サンスクリット語では、「円」「車輪」「うずまき」という意味です。霊能者が見ると、人体の中枢に7つの光が渦を巻いているように見えるそうです。

「チャクラ」が適切に機能すると、それぞれの部位のチャクラが司る潜在能力が目覚めます。才能あふれる人や仕事で成功している人は、無意識にチャクラのコントロールができている人、といえます。

原因不明の体調不良や精神疾患に悩まされている人は、チャクラがうまく機能していない可能性があります。健康で才気あふれる人になるためには、チャクラのコントロールにヒントがありそうです。

2.チャクラの種類と役割

人体には、7種類のチャクラがあり、身体の真ん中に並んでいることは前項で説明しました。ここでは、それぞれのチャクラの役割とカラーを紹介します。

ムラダーラチャクラ

スクリーンショット 2017-09-19 17.32.55

  • 部位…生殖器付近 
  • カラー…赤

第一のチャクラ、ムラダーラチャクラは、生命力・行動力を司ります。

「ムラダーラ」は、「土台」「支える」という意味です。体調が優れず、不定愁訴に悩まされている人や、思っていることをなかなか行動に移せない人は、このチャクラを意識して瞑想してみましょう。

スバディスターナチャクラ

スクリーンショット 2017-09-19 17.33.16

  • 部位…丹田
  • カラー…オレンジ

第二のチャクラ、「スバディスターナチャクラ」は、性欲や物欲、感性を司ります。「スバディスターナ」の意味は、「自分の居場所」です。

感情が乏しく、好奇心も旺盛ではない人は、このチャクラのエネルギーが乏しくなっています。また、性欲や物欲に悩まされている人は、瞑想するときはこのチャクラの気が上へ上へと流れていくのをイメージしてみましょう。

マニピューラチャクラ

スクリーンショット 2017-09-19 17.33.37

  • 部位…みぞおちの下 
  • カラー…黄色

第三の「マニピューラチャクラ」は、自信と理性を司ります。「マニピューラ」の意味は、「宝石の街」です。鬱状態の人は、このチャクラのエネルギーが枯渇していることがよくあります。

また、欲望をコントロールする場所でもありますので、欲望が抑えられない人は、第二のチャクラで渦巻いている欲望を、この第三のチャクラに流し込むイメージで瞑想してみましょう。

アナハタチャクラ

スクリーンショット 2017-09-19 17.33.52

  • 部位…胸の中央 
  • カラー…緑

第四のチャクラ「アナハタチャクラ」は、愛情や思いやりを司ります。

「悠久」という意味です。このチャクラのバランスが崩れると、他人を許容することができず、攻撃的になったり、愛する人を束縛したりします。恋人や家族との関係に悩んでいる人は、このチャクラを意識してみましょう。

ヴィシュダーチャクラ

スクリーンショット 2017-09-19 17.34.17

  • 部位…のど
  • カラー…青

第五のチャクラ「ヴィシュダーチャクラ」は、意思と自己表現、人間関係を司ります。「ヴィシュダ―」の意味は、「浄化」です。このチャクラが良い状態だと、人とのコミュニケーションが円滑になります。

反対に、このチャクラがあまり良くない状態のときは人と会うのが面倒になったり、人間関係を壊すようなことを口に出してしまいます。

表現が下手で損をしてしまう、という人はこのチャクラを鍛えましょう。

アジナ―チャクラ

スクリーンショット 2017-09-19 17.34.36

  • 部位…眉間
  • カラー…藍

第六・第七のチャクラを鍛えるのは、初心者には危険を伴う場合があります。人間の身体を流れる霊的なエネルギーは思っているより強いのです。

①~⑤を鍛えてから、次のステップと考えてください。第六のチャクラ「アジナ―チャクラ」は、直観力と知性を司ります。「アジナ―」は「指令」という意味です。

このチャクラが良い状態だと、物事の状況や人の感情に対する想像力が高まります。

天才肌の人は、このチャクラが開花しています。逆にこのチャクラが悪い状態だと、現実を受け入れることができず、不安や心配が多くなります。

サハスラーラチャクラ

スクリーンショット 2017-09-19 17.34.57

  • 部位…頭のてっぺん 
  • カラー…紫

第七のチャクラ「サハスラーチャクラ」は、霊眼と悟りを司ります。「サハスラ―」は千手観音の「千」という意味です。

このチャクラは、無意識や霊的世界と繋がっています。霊能者や宗教的指導者は、このチャクラが開き、宇宙につながっています。このチャクラのバランスが崩れると、妄想の世界に生きるようになります。

3.チャクラを鍛えるのに有効な瞑想方法

チャクラを鍛える方法で、代表的なものが瞑想です。

瞑想は禅と同じで、頭の中の雑念を取り払い、空の状態を続けるセルフコントロール法です。

1日3分ぐらいがおすすめ

初心者には難しいですが、1日3分でも良いので取り組んでみましょう。姿勢や時間など、細かな方法は人それぞれで構いません。ここでは、瞑想の基本を説明します。

①部屋は整頓する

瞑想する部屋は、掃除し片付いた状態にします。できればお風呂に入り、身を清めた後に行うのが効果的です。

②リラックスして仰向けになる

リラックスできるポーズをとります。あぐらでも、仰向けになっても、椅子に座っても構いません。肩を一度上にあげてストンと落とし、全身の力を抜きましょう。

③目は完全に閉じない

目は完全に閉じてはいけません。かすかに光が入る状態を保ちます。

④呼吸を整える

呼吸を整えます。意識を呼吸に集中させます。へそより5cm下の丹田を押さえ、空気を吐き切ります。再び鼻から入った空気が、気管を通り、丹田へと向かうことを意識します。ひたすらこの空気の流れに意識を集中させます。

⑤雑念が入ってこなくなると良好

呼吸に集中しているはずが、「明日何食べようかな」「今日のむかつく」などの無数の雑念が入ってきます。

次々と想起する雑念は、飛んでくるボールのようなもの、とイメージしてください。一度受け止め、無重力の空間にぽん、と押し返す感覚で次々と自分から離していきます。

⑥鍛えたいチャクラをイメージ

身体の7つのチャクラのうち、鍛えたい場所のチャクラの渦が、そのチャクラカラーで光り輝いているのをイメージします。チャクラカラーは次項で紹介します。

⑦繰り返し行う

①~⑥を繰り返します。時間を区切りたいときは、アラームをセットしておくと良いでしょう。

瞑想を毎日の習慣として続けるのが難しい人は、座禅教室やヨガレッスンに行ってみましょう。先生に教わると、自己流でするよりも多くの発見があります。

また、チャクラを鍛えるには、瞑想と合わせて、住まいをきれいに保つこと、食生活を整えること、規則正しい生活習慣を保つことも大切です。できるものから少しずつ取り組んでいきましょう。

7つのチャクラをすべて一度に鍛えるのは非効率です。自分が持っている課題から、1つのチャクラを選びましょう。どのチャクラを鍛えたら良いでしょうか。それぞれのチャクラには役割がありますので、次項で説明します。

4.まとめ

人体には、霊的なエネルギースポットチャクラが7つあります。7つのチャクラの役割を理解して、自分はどのチャクラをコントロールすべきか探ってみましょう。

チャクラは瞑想で鍛えることができます。チャクラを鍛えて霊的エネルギーの流れを改善することにより、健康な身体と精神を手に入れることができます。

無料ヒーリング
イライラや溜まったストレスが
スーッと抜けていく不思議な体験をプレゼント

  • なんだか気持ちが落ち着かない
  • ネガティブな思考にとらわれて、前に進めない
  • イライラが収まらない
  • 肩こりや腰痛などが治らない
  • 過去のトラウマが忘れられない

このような状態は、とてもツラいですね。

もし、あなたが今このような状態であれば、 あなた自身が気づかないうちに溜めてしまった ネガティブな感情やエネルギーの浄化が必要なのかもしれません。

とは言っても、『浄化』を体験したことのない方にとっては、 どういうことなんだろうと不安になりますよね。

なので、今回はそんなあなたにも安心して体験していただけるように ヒーリング体験を無料でプレゼント致します。

ストレスを解消に導く不思議な音源に、 あなたを癒すエネルギーを乗せてお届けします。

不純なものが自分から出ていくようなイメージで、体験を受け取ってみてくださいね。

今回の無料ヒーリングを新しいスタートとして、 本来の素敵なあなたと、あなたの人生を取り戻し、幸せな毎日を過ごしてください。


無料ヒーリングを体験してみる

SNSでもご購読できます。