初心者でも簡単にできる厄除け5つの方法で体を清める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
pages38-39_800

厄年は最近一般的には数え年で

男性:25歳 42歳 61歳

女性:19歳 33歳 37歳

と言われています。

厄年には何か良くないことが起こると言われ周りの人にも影響があると言われることもありますね。

特に男性42歳女性33歳は大厄と言われています。

悪いこと無く無事に過ごしたいという万人の思いがありますので降りかかる「厄」を除けたり祓ったりしたいですよね。そこで今回は正しい厄除け(厄祓い)の方法とその効果を一緒に見ていきましょう。

TOP画像出典: Wall321

1.厄除け(厄祓い)の場所と時期

場所について

諸説ありますが一般的に厄除けはお寺ですし厄祓いは神社でしょうか。

神社やお寺に纏わる言い伝え等で違いはあるのでしょうが神社は厄を祓うという事前に準備をする感覚がありますしお寺は目の前にある厄を避けることに焦点を当てている感覚があります。

どちらも厄から身を守ることが目的ですのでどちらが良い悪いはありません。

ただ行く場所は家から近いところがいいでしょう。その土地の神様仏様に「今年厄年です。気を付けますので今後もよろしくお願いします」というお願いをしながら自分の気を引き締めることをすればいいのではないでしょうか。

時期について

また時期は一般には年始が多いかと思います。ただ神社では四十九日に鳥居をくぐらないようなルールがありますからその際はお寺に行く人もいらっしゃいます。

ですが厄除け厄祓いに遅いということはありませんのでご自身のタイミングで良いとも言われています。

2.厄除け(厄祓い)の服装と人数

服装について

基本的には正装が望ましいです。

それは神様仏様にお会いするわけですからなるべくご自身にとって失礼に当たらないと思われる服装で臨まれればよろしいかと思います。

しかし近年ではあまり堅苦しい服装で臨むことにストレスを感じる方もいらっしゃいますのでそういう方は無理をせず普段の服装でも結構です。

周りが正装なのに自分だけ違うということでもストレスになる可能性もありますから参拝に影響のない服装にしましょう。

行く人数について

一人で行ったほうがいいかというとそのようなことも無いようです。

ご家族や恋人と一緒に行かれても何も問題はありません。ただ神社やお寺の大きさによっては入りきれないことも想定されるため当事者以外は外で待っていてもらうなどもあるかもしれません。

みんなも気を付けようという意識付けの意味ではむしろみんなで行ってもいいのかもしれませんね。

3.厄除け(厄祓い)で身に付けるもの

神社やお寺にいけない方や行ったけど自分でもやりたい方についてはお自身で厄除けをする方もいらっしゃいます。

パワーストーンのブレスレットやネックレスは有名ですがマフラーやスカーフも増えています。

長く身に付けられるものがいいです。

男性の場合、ネクタイやベルトやお財布も増えています。

基本的には浄化されているものを身に付けることが望ましいのですがこれらをプレゼントすることも近年流行り始めています。

浄化という意味では今年も無事でいられますようにという願い自体が浄化された思いです。

そのようなものを身に付けながら生活することで清らかな気持ちになれるのではないでしょうか。

4.神社お寺以外での厄除け(厄祓い)

パワースポットと呼ばれる場所で身を清めるという方法もあります。

あなたの住まいの近所にもそういった場所があるのではないでしょうか?

例えば愛知県長久手市には「色金山歴史公園」という場所があります。歴史好きな方ならご存知かと思いますが戦国時代に小牧長久手の戦いがあった場所です。

長久手には徳川家康公が陣を張っていました。その場所が色金山です。

天下人たる豊臣秀吉に唯一勝利した徳川家康。秀吉没後に江戸幕府を開き200年以上に渡る時代の礎を築いた人ですね。そんな天下人が腰を掛けた石に座りじっと自分を見つめてみるということも何か大きなパワーを感じることができるかもしれません。

厄を祓い未来を描いてみる。そんな時間も厄年ならではの時間の作り方です。

5.厄除け(厄祓い)のおまじない

神社やお寺には宗派等の違いはありますが代々伝わる言葉があります。

神社ですと「・・・かしこみかしこみ・・・」と聞きませんか?お寺ですと御経を唱えます。

地域や場所によりいろいろな言い回しがありますのでここでご紹介はしませんがご近所の神社やお寺に行く時間があれば行ってみてください。

神主さんや住職さんにお話を聞くのもいいです。そもそも厄は体調や周りの環境変化が現れる年齢ですので場合によってはエネルギーの質が変化する時期でもあります。

ネガティブエネルギーになると悪いことを引き寄せることがあります。そのようなとき神社やお寺にある“ことば”は意味がありエネルギーをポジティブなものに変換する力もあります。

ですから一つでも何か言葉を拾ってそれを常に唱えることをすればご自身の安定にもつながります。

神仏に依存するのではなくその教えを自分のものにして自律した人間として生きていくことが最大の効果であると思います。迷えばまた神社やお寺に行けばいいのです。

どうかご自身の信じる道を進んでくださいね。

6.本気で厄除けしたいとき

本気で厄除けしたいときは、霊感を持っていて使いこなせる人に相談をして、厄除けをしてもらうこともできます。ポイントは、霊感を持っていて使いこなせる人に相談をすることです。たとえ霊感を持っていたとしても、使いこなせない人に相談をしてしまったら、根本的な解決はできませんし、今よりも状況が悪化する可能性があります。

3つご紹介しますので、今からご紹介する方法で相談することをおすすめします。なお、1番おすすめはアカシックリーディングです。

方法1|アカシックリーディング

アカシックリーディングができる人に見てもらうと、あなたの幸運期やあなたの人生や今後の出会い、一番愛する人のこと、そして今のあなたは何度目の転生なのかもわかります。

しゃべくり007で大絶賛された、前世ヒーラー真鈴(マリン)の鑑定を受けてみてください。さとう珠緒さん、木村カエラさんが過去を当てられ号泣し、収録中断となる前代未聞の事態にまでなった、アカシックレコードの第1級リーダーのカリスマです。

→ 前世ヒーラー真鈴の鑑定の解説へ

方法2|マンダリン占星術

ゲッターズ飯田が唯一「正直、ボクはかなわないと思うくらいすごいですね!」と、嫉妬するほど凄いと尊敬する、水晶玉子のマンダリン占星術。

マンダリン占星術で見てもらうと、「本当に幸せになりたいなら何もしないで良い」と、無理しなくても、がんばらなくても、ありのままの姿であなたが幸せになれる好機がわかります。その圧倒的な的中率を試してみてください。

→ 水晶玉子のマンダリン占星術の解説へ

方法3|女仙の算命学

9月17日放送の「マツコ会議」でマツコさんも夢中になった話題の算命学です。片想いが叶う日や2人の絆が深まる日、永遠の愛が実る日など、恋愛・結婚運を本格”算命学”で徹底解明してくれます。

占ってもらうと幸せになれると全国各地からリピーター続出。横浜中華街で人気No.1の「中国最高の運命調整学”算命学”」を試してみてください。

→ 中国最高の女仙の算命学の解説へ

7.さいごに

いかがでしたか?諸説ありますが現在一般的に考えられている厄年は江戸時代に定着しているようです。

42歳は“死に”とも読めますし33歳は“散々”とも読めますのでそうした江戸時代に流行っていた語呂合わせの要素もあるのでしょう。

しかし現在でも社会的な立場や体の変調が表れる年齢とも言われていますのでそうした変化の中で体調や精神面も崩していかないように改めて気を引き締めて生きましょう、ということなのかもしれませんね。

電話占いヴェルニ

電話占いヴェルニ

無料ヒーリング
イライラや溜まったストレスが
スーッと抜けていく不思議な体験をプレゼント

  • なんだか気持ちが落ち着かない
  • ネガティブな思考にとらわれて、前に進めない
  • イライラが収まらない
  • 肩こりや腰痛などが治らない
  • 過去のトラウマが忘れられない

このような状態は、とてもツラいですね。

もし、あなたが今このような状態であれば、 あなた自身が気づかないうちに溜めてしまった ネガティブな感情やエネルギーの浄化が必要なのかもしれません。

とは言っても、『浄化』を体験したことのない方にとっては、 どういうことなんだろうと不安になりますよね。

なので、今回はそんなあなたにも安心して体験していただけるように ヒーリング体験を無料でプレゼント致します。

ストレスを解消に導く不思議な音源に、 あなたを癒すエネルギーを乗せてお届けします。

不純なものが自分から出ていくようなイメージで、体験を受け取ってみてくださいね。

今回の無料ヒーリングを新しいスタートとして、 本来の素敵なあなたと、あなたの人生を取り戻し、幸せな毎日を過ごしてください。


無料ヒーリングを体験してみる

SNSでもご購読できます。