恋愛・運命

《エンジェルナンバーの教科書》ナンバー444の意味と効果まとめ

スクリーンショット 2016-08-22

人が生きていくうえで数字とは何かしらのメッセージ性とパワーが秘められています。 その中でも、偶然目にした数字が奇しくも同じ数字が並んだものであった場合、それは目に見えぬ高次の存在である天使からのメッセージと考えることが出来ます。

それらのエンジェルナンバーの中でも『ゾロ目』のパワーは強く、そしてそれを引き寄せている時は、貴方自身のインスピレーションが冴えている時です。そして数あるエンジェルナンバーの中でもエンジェルナンバー444について紐解いていきます。

続きを読む

星座診断|トップの右腕!超優秀セカンド乙女座の性格特徴

Virgo

8月23日~9月22日生まれの人は乙女座です。乙女座の人は文字通り『乙女』の純粋さをもちながら、現実的リアリストです。神話になぞって乙女座の人には優しさと知性の二面性をもっているのが特徴。

乙女座の神話

五穀がゆたかにみのる豊作の女神デメテル・正義の女神アストレアが司る星座です。

デメテルは豊かな実りを与えると同時に、その怒りに触れると飢餓をもたらすと言われています。また、アストレアは神々の中で最後まで地上に留まって人々に正義と公平な裁きを与えた神です。

今回は、そんな乙女座の人の性格や付き合い方についての特集です。乙女座の人は一見堅物の優等生に見えることがありますが、その内側にはどんな顔を持っているのか知ることができます。

続きを読む

《冠位十二階》色で身分をわけた冠位十二階とは?

https://twitter.com/yama516mcz517/status/707579800236392449

冠位十二階とは聖徳太子が定めたのもです。

西暦603年12月高句麗や百済を参考にして作られた冠位制度です。 聖徳太子は身分の上下にかかわらず能力のある人を役人に登用するという決まりを作りました。

そして誰が見てもわかりやすいように位によってその色を分けました。

冠位十二階

6つの冠位の位
(かんいのくらい)
徳・仁・礼・信・義・智
12つの冠位の位
(かんいのくらい)

大徳・小徳・大仁・小仁・大礼・小礼
大信・小信・大義・小義・大智・小智

冠位には12の位(くらい)があり、大きくは徳・仁・礼・信・義・智の6種。

それを大小に分けたものが大徳・小徳・大仁・小仁・大礼・小礼・大信・小信・大義・小義・大智・小智の12であり、これが冠位十二階と言います。

これに紫・青・赤・黄・白・黒の色を配置し、大小はその色の濃淡によって区別しました。 位の順位色は濃紫から黒に向かって低くなっていきます。

TOP画像出典:やまやま

続きを読む

≪カバラ数秘術の教科書≫誕生数『11』の性格特徴・恋愛傾向まとめ

スクリーンショット 2016-07-11 13.21.23

カバラ数秘術とは生年月日を一ケタの数字になるまで足していくのですが、その中でもぞろ目に当たる11・22・33は特別な数字。

マスターナンバーと言われています。 マスターナンバーを持つ人には特別な使命があるとカバラでは言われています。

そして、不思議な力によって守られているとも言われています。 ここでは誕生数『11』をもつ人の特徴を見てみたいと思います。

《カバラ数秘術の求め方》

①生まれた西暦・月・日をそれぞれ1ケタになるまで足していきます。

例 1995年12月12日生まれの場合

  1. 1+9+9+5=24=2+4=6
  2. 1+2=3
  3. 1+2=3

②1・2・3を足していきます

6+3+3=12=1+2=3 誕生数は『3』になります。

実は、11・22・33は特別な数であり、足さずにそのまま使用するのです。その特別なカバラ数字を持ちながら生まれてきた人の特徴を解説していきます。

続きを読む

《エンジェルナンバーの教科書》ナンバー1111の意味と効果

secrets-of-angel-numbers-1111

『時計をみたら11:11』『壁の落書き1111が異様に目につく』『おつりが1111円』なんて1111の数字に縁がある気がしたら、それはエンジェルナンバーのメッセージかもしれません。

日常生活に、数字は欠かせません。ふっと辺りを見回してみましょう。 カレンダー、時計、テレビのチャンネル、パソコン画面での数字の羅列をみて理由はわからないけれど、『またこの数字だ』なんて気づくことありますよね。

このぺーじでは、エンジェルナンバーの一つである『1111』について紐解いていきましょう。

数字の持つパワーを、我々が知らず知らずのうちに潜在意識で感じ取っているからなのです。

続きを読む

《錬金術とは?》錬金術発祥の理由と具体的な目的|初級編

スクリーンショット 2016-07-28 12.49.47

錬金術はかつて『トンデモ化学』とも表現され、はっきりとした起源は謎に包まれています。残っている文献では紀元前3世紀にギリシアのアレクサンドロス大王がエジプトに建設した大都市・アレクサンドリア時代で飛躍発展と残されています。

錬金術とは化学的手段を使って、完全な存在に錬成する試みを指すための術のことで、硫酸・硝酸・塩酸・金属を使用、人間の肉体や魂をも対象としてあつかったとか。

今回は錬金術のルーツとその方法について探求してみました。栄えていた時代は16世紀、その頃日本は室町時代後期(戦国時代)です。

続きを読む

≪カバラ数秘術の教科書≫誕生数『33』の性格特徴・恋愛傾向

スクリーンショット 2016-07-11 14.08.55

カバラ数秘術では生年月日を一ケタになるまで足していくのですが、その中でもぞろ目に当たる「11」「22」「33」はマスターナンバーと言われています。

このマスターナンバーを持つ人は目に見えない特別な力に守られており、この世で使命を受けた人だと言われています。

《カバラ数秘術の求め方》

①生まれた西暦・月・日をそれぞれ1ケタになるまで足していきます。

例 1995年12月12日生まれの場合

  1. 1+9+9+5=24=2+4=6
  2. 1+2=3
  3. 1+2=3

②1・2・3を足していきます

6+3+3=12=1+2=3 誕生数は『3』になります。

実は、11・22・33は特別な数であり、足さずにそのまま使用するのです。その特別なカバラ数字を持ちながら生まれてきた人の特徴を解説していきます。

続きを読む

《七夕伝説》世界に伝わるあらすじ・結末・教訓まとめ

Tanabata.full.1185080

7月7日の七夕伝説と言えば、織姫と彦星の恋物語。離れ離れになった恋人同士が1年に1度だけ天の川を渡って会う事ができるなんて、素敵な話ですよね。

7月7日の七夕には短冊に願い事を書きながら、とりわけ恋人同士なら七夕伝説に思いを馳せてロマンチックな気分になるもの。しかし、この七夕伝説は、もともとは単純に織姫と彦星の恋模様を描いた物語ではないのです。

今回は本当の七夕伝説の結末と、そこから得られるとても深い教訓を特集します。物語の終焉をしることでまた違う夏の風物詩を感じられます。

続きを読む

《7月7日》七夕の日の作法・短冊・笹を使う意味とルール

large-1

7月7日の七夕には、願い事を書いた短冊を笹に飾り付ける風景が日本各地で見られます。

短冊には、それぞれが自由に願望を書き込むのがポピュラーで笹の代わりに、笹を模したプラスチック製のものを飾り付ける場合もあります。

7月7日の七夕は、3月3日の桃の節句や5月5日の端午の節句と同様に、子供の成長を願う節句の1つ。

このページでは七夕の行事で使用される短冊・笹を使用する意味合いと作法を解説します。正しい使用法を知ることで実直な行動をとることこができます。

出典:kotori

続きを読む

《7月7日》織姫 と 彦星はどんな人物だったのか?プロフィール

orihime-hikoboshi

年に1度、7月7日の七夕の日にしか会う事ができない織姫と彦星。織姫と彦星は愛し合う2人だからこそ、七夕の日に現れる天の川はロマンチックですよね。

このページでは、七夕伝説の織姫と彦星の人物像にスポットライトを当て、プロフィール形式で紹介していきます。年に一度の七夕をより楽しめることが出来ます。

続きを読む