実は花の名前?おはぎとぼたもちの違いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スクリーンショット 2016-02-23 13.43.00

春先になるとお店に並ぶぼたもちとおはぎ。

「ぼたもちです」と言われれば「ぼたもち」として食べてきたし、「おはぎですよ」と言われれば「おはぎ」として食べてきましたよね。どちらもお餅を小豆あんで包んだ和菓子。

おはぎとぼたもちの違いには諸説ありこのページでは、日本人が慣れ親しんだおはぎとぼたもちの違いを解説していきます。

本当の意味を知ることで、濃い抹茶と一緒に食べる菓子の風情を堪能することができます。

1.おはぎとぼたもちの名前の由来

スクリーンショット 2016-02-23 13.43.00

おはぎとぼたもちを漢字で書くと

  • 御萩(おはぎ)
  • 牡丹餅(ぼたもち)

と書きます。

一般的に、御萩(おはぎ)の語源は、秋に咲く花の「萩の花」。小豆あんを秋に咲き乱れる萩に見立てたという説があります。

一方、牡丹餅(ぼたもち)の語源は、春に咲く花「牡丹」とされており、こちらも一粒一粒の小豆あんを牡丹の花弁に見た立てている様です。

江戸時代中期に編纂された百科事典「和漢三才図会」にも

「牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく」

と記されていますから、おはぎとぼたもちの語源については、古くから季節の花の名前説が共通認識であると言っていいかもしれません。

2.語源からわかるおはぎとぼたもちの違い

語源が季節の花であることを前提とすると、次の様に「おはぎとぼたもち」を使いわけていることがわかります。

呼び名やサイズ感が違う

  • 秋のに食べるものを「御萩(おはぎ)」秋の彼岸に食べるもの
  • 春のに食べるものを「牡丹餅(ぼたもち)」春の彼岸に食べるもの

この春秋は、「春分の日」「秋分の日」を中日とした前後各3日間・「彼岸」を差します。

おはぎとぼたもちには語源による『サイズの違い』が生じるという説もあります。

地域によっては秋の「おはぎ」は萩の花をイメージして上品に小さく作られ、春の「ぼたもち」は大きな牡丹をイメージして大きく作られる場合もある様です。

季節の花に似せるために作り方を変える

「御萩(おはぎ)」と「牡丹餅(ぼたもち)」の材料は、どちらも「もち米と小豆あん」という認識が一般的ですが、実はそれぞれの花に似せるために作り方を変えるという説もあります。

【おはぎの作り方】

スクリーンショット 2016-02-23 13.29.24 スクリーンショット 2016-02-23 13.28.10

蒸したもち米の粒が残る程度にこね、粒あんで包む→粒が咲き乱れた萩の花を表現している

【ぼたもちの作り方】

photo2 url

蒸したもち米をツルツルにつきあげ、こしあんで包む→ボテッとした牡丹の花を表現している

確かにそう言われるとそうだったかもしれません。もしかすると、この説を含めた季節の花説が「おはぎとぼたもち」の違いとして最もふさわしいのかもしれません。

4.実は、春夏秋冬ぜんぶ違う名前だった

秋のものを「おはぎ」、春のものを「ぼたもち」と呼ぶように、夏や冬に食べられる”お餅を小豆あんで包んだ和菓子”にも、それぞれ違った名称があった様です。

夏…夜船(よふね)

餅つき特有の「ぺったんぺったん」という音を鳴らさずに作ることができるために、「搗き知らず→着き知らず」という言葉遊びから、暗くていつ着いたのかわからない「夜船」と名付けられたそうです。

冬…北窓(きたまど)

「搗き知らず→月知らず」という言葉遊びから、月が見えない北側の窓を連想して「北窓」と名付けられたと言われています。

これらは現在ではほとんど使われていませんが、季節ごとに正式な呼び名があったという事実は、「おはぎ」「ぼたもち」が季節によって呼び分けられた説を濃厚にしているのではないでしょうか。

春ぼたもち・夏よふね・秋おはぎ・冬きたまどと季節によって呼び名を変える日本人は、四季を楽しんでいたんですね。

5.他にもあった!おはぎとぼたもちの雑説

全国津々浦々の「おはぎとぼたもち」事情はバラエティに富んでいます。その一部を紹介しておきましょう。

  • 東京では春秋ともに「おはぎ」と呼んでいた説
  • 小豆あんだけではなく、きな粉・青のり・胡麻・ずんだを用いたものも「おはぎ」「ぼたもち」を呼ぶ説
  • きな粉をまぶしたものを「おはぎ」、小豆あんで包んだものを「ぼたもち」とする説
  • あんを餅の中に入れたものを「おはぎ」、あんで包んだものを「ぼたもち」とする説
  • 季節に関係なく、赤子に踏ませ、成長を祈ったのが「ぼたもち」であるとする説
  • 「ぼたぼた」した感じから「ぼたもち」と名づけられた説
  • 季節に関係なく、粒あんのものを「おはぎ」、こしあんのものを「ぼたもち」と呼ぶ説

これらは地方やお店によって見解が違う様ですが、

  • 秋のものを「御萩(おはぎ)」、春のものを「牡丹餅(ぼたもち)」と呼ぶ
  • 材料は全く一緒だが、おはぎは半つきもち米と粒あんを用い、ぼたもちは全つきもち米とこしあん

この2点は、やはり多くの和菓子職人たちの共通認識となっている様です。

6.まとめ

現在では店頭でも春に「おはぎ」、秋に「ぼたもち」が売られていたり、その呼び分けは次第に薄れつつあります。

おはぎとぼたもちの違いについては日本各地で発展した経緯もあって確定しづらいですが、「季節の花」説は日本らしい風情があっていいですよね。

今年のお彼岸に「おはぎとぼたもち」を用意した時は風情も堪能してみてくださいね。


【2017年運勢鑑定】自宅で本格占い

雑誌やTVメディア等、全国で活躍する占い師の先生に、直接電話で占ってもらうことができるテレビで話題の占いヴェルニ。

「電話なんかで本当に占えるの・・・?」と心配される方も少なくないと思いますが、霊感・霊視を駆使して

  • 運勢
  • 恋愛運
  • 金運
  • 仕事運
  • ターニングポイント
  • 吉方位

などを鑑定し、その的中率はテレビでも話題になりました。

しかも今なら、はじめての方は無条件で1,000円分のサービスポイントをもらうことができます。そのポイントを使って2017年の運勢をお得に占ってもらうこともできますので、今すぐ無料登録だけでもしてみてください。

行列のできる有名占い師に直接占ってもらえる機会はなかなかありません。来年2017年をあなたにとって最高の年にしましょう!

→ 今すぐ2017年の運勢を占う


あなたの2017年の運勢は?

→ 今すぐ2017年の運勢を占う

SNSでもご購読できます。