《冠位十二階》色で身分をわけた冠位十二階とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
https://twitter.com/yama516mcz517/status/707579800236392449

冠位十二階とは聖徳太子が定めたのもです。

西暦603年12月高句麗や百済を参考にして作られた冠位制度です。 聖徳太子は身分の上下にかかわらず能力のある人を役人に登用するという決まりを作りました。

そして誰が見てもわかりやすいように位によってその色を分けました。

冠位十二階

6つの冠位の位
(かんいのくらい)
徳・仁・礼・信・義・智
12つの冠位の位
(かんいのくらい)

大徳・小徳・大仁・小仁・大礼・小礼
大信・小信・大義・小義・大智・小智

冠位には12の位(くらい)があり、大きくは徳・仁・礼・信・義・智の6種。

それを大小に分けたものが大徳・小徳・大仁・小仁・大礼・小礼・大信・小信・大義・小義・大智・小智の12であり、これが冠位十二階と言います。

これに紫・青・赤・黄・白・黒の色を配置し、大小はその色の濃淡によって区別しました。 位の順位色は濃紫から黒に向かって低くなっていきます。

TOP画像出典:やまやま

1.《冠位十二階》色がもつ意味

最初は中国のように「身分によって服装を変える」事を試みましたが、豪族すべての身分制度を変えることは非常に困難でした。 そこで聖徳太子は身分の差ではなく、個人の能力によって役人に登用し位を与えることにしました。

冠位十二階の目的は中央集権国家にし身分制度を確立する事でした。 この中央集権国家とは「公地公民」簡単に言うと、土地と人民は国の物!と言うことです。

天皇や皇帝が力を持っている状態であり、税収や土地、権力が国家などの中央機関に集まってくるようにしたのです。 これによって国の統一を図ることを目的としました。 そしてその位を誰もが見ただけでわかるようにするために色で分けました。

冠位十二階 位の高い順番

  • 大徳 濃紫
  • 小徳 薄紫
  • 大仁 濃青
  • 小仁 薄青
  • 大礼 濃赤
  • 小礼 薄赤
  • 大信 濃黄
  • 小信 薄黄
  • 大義 濃白
  • 小義 薄白
  • 大智 濃黒
  • 小智 薄黒
8f79caf7

この色は古代中国の五行思想から用いたものとされています。

「人間も社会も自然もこの世の中のものすべては五つの元素である木(青)・火(赤)・土(黄)・金(白)・水(黒)の一定の循環法則に従い成り立っている」

というものです。 ですが一番位の高い「徳」においては道教から来ており、「尊いもの、高貴な色」として紫を用いています。

2.《冠位十二階》色の覚え方

冠位十二階の色は大きく6種類です。 青・赤・黄・金・白・黒そして紫。

色の覚え方としては、まず5角形を書きます。 5角形の頂点を木、向かって右斜め下に火、下に向かって土、向かって左横に金、上に向かって水、向かって右斜め上の木に戻ります。

この木・火・土・金・水に色を当てはめて『木・青』、『火・赤』、『土・黄』、『金・白』、『水・黒』と覚えて下さい。 冠位の位の色の順番も5角形の書き順通りです。 そしてその5角形とは別格に紫が存在します。 冠位十二階で用いられている色はこの6色を濃薄で分けた12色です。

a52bdf6f14c785a1db675f8c705b94c02f513b27k_4033095

そしてこの5角形の中に星マークを入れたものが古代中国の五行思想になります。

3.冠位十二階を定めた聖徳太子プロフィール

聖徳太子は実在していなかったのではないか?ともいわれていますが、この聖徳太子に関しては様々な伝説が語られています。

聖徳太子の出生

聖徳太子は用明天皇の第二王子としてこの世に生を受けました。 その出生場所は馬小屋でした。 ですから別名「厩戸皇子」(うまやどのみこ)と言われています。

聖徳太子の性格

syoutoku_taishi

生れてすぐに言葉を発し、幼少の頃には国内外すべての学問を習得し高層の域に達しました。 そして、何か用事をしながらでも一度に10人の話を聞き分けそれぞれに助言を与える事ができました。

不思議な力を持っており、馬に乗って空を飛び日本一の山である富士山の頂上に登ったとされています。

大地にたたずむ山をその能力で一日で動かしたとも言われています。 物部氏との戦いにおいては、木の枝を4本髪に差し「これは四天王である」と叫ぶと上空を飛んでいた矢が敵の大将に向かって飛んでいきその命を奪いました。 聖徳太子には予知能力があったと日本書紀に記されています。

聖徳太子の予言

聖徳太子が預言をした未来は「未来記」という預言の書として残されています。 そしてこの聖徳太子が残した預言はかなりの確率で現実となっていると言われています。

鎌倉幕府の成立や豊臣秀吉、徳川家康の天下統一など預言したと言われていますが、その預言は現在まで続いていると言ます。 現代に近い預言と言えば、第二次世界大戦、日本のバブル崩壊、日本経済の衰退などです。 そして預言はまだ続いています。

『私の死後二百年以内に、一人の聖皇がここに都を作る。そこはかつてない壮麗な都になり千年の間栄える。しかし一千年の時が満ちれば、黒龍が来るため、都は東に移される』

これは黒船来航による明治維新の事であり、現在の京都から東京へ首都が移された事を預言しています。 『それから二百年を過ぎた頃、こんどはクハンダが来るため、その東の都は親と七人の子のように分かれるだろう』 この「クハンダ」とは仏教用語で「末世に現れる悪鬼」の事を指します。

そしてこの「クハンダ」についてはいろいろな説があり、富士山噴火や巨大地震、核など様々ありますが定かではありません。 そしてその預言はお釈迦さまが亡くなられてから2500年後、それが始まるのが今年の2016年なのではないかと言われています。

4.まとめ

不思議な力を持っていたと言われている聖徳太子。 蘇我馬子と一緒に政治を行い遣隋使を派遣するなどし、冠位十二階や十七条憲法を定め天皇中心の中央集権国家体制の確立を図りました。 日本の歴史に多大なる影響を与えた聖徳太子は少し前には日本の紙幣にも肖像画が描かれていました。 ですがこの肖像画、現在では聖徳太子を描いたものではないのではないか?と言われています。 それだけではなく、聖徳太子自体存在していなかったのではないか?

とも言われているそうです。 聖徳太子の伝説はイエスキリストのおこした奇跡によく似ている物が多く存在します。 ですが、現在では聖徳太子の存在自体が不思議に包まれている・・・。 なぜ冠位十二階の色を五行思想から用いたのか・・・超人的天才と言われ、不思議な能力を持っていたと言われる聖徳太子だからこそ選んだ色なのかもしれません。


【2017年運勢鑑定】自宅で本格占い

雑誌やTVメディア等、全国で活躍する占い師の先生に、直接電話で占ってもらうことができる「みんなの電話占い」。

「電話なんかで本当に占えるの・・・?」と心配される方も少なくないと思いますが、霊感・霊視で視える真実があり、その的中率はananで評判になったほどです。

しかも今なら、はじめての方は無条件で最大5,820円OFFの特別鑑定を受けることができます。

  • 運勢
  • 恋愛運
  • 金運
  • 仕事運
  • ターニングポイント
  • 吉方位

など、2017年の運勢をお得に占ってもらうことができますので、今すぐ無料登録だけでもしてみてください。

行列のできる有名占い師に直接占ってもらえる機会はなかなかありません。来年2017年をあなたにとって最高の年にしましょう!

→ 今すぐ2017年の運勢を占う


あなたの2017年の運勢は?

→ 今すぐ2017年の運勢を占う

無料ヒーリング
イライラや溜まったストレスが
スーッと抜けていく不思議な体験をプレゼント

  • なんだか気持ちが落ち着かない
  • ネガティブな思考にとらわれて、前に進めない
  • イライラが収まらない
  • 肩こりや腰痛などが治らない
  • 過去のトラウマが忘れられない

このような状態は、とてもツラいですね。

もし、あなたが今このような状態であれば、 あなた自身が気づかないうちに溜めてしまった ネガティブな感情やエネルギーの浄化が必要なのかもしれません。

とは言っても、『浄化』を体験したことのない方にとっては、 どういうことなんだろうと不安になりますよね。

なので、今回はそんなあなたにも安心して体験していただけるように ヒーリング体験を無料でプレゼント致します。

ストレスを解消に導く不思議な音源に、 あなたを癒すエネルギーを乗せてお届けします。

不純なものが自分から出ていくようなイメージで、体験を受け取ってみてくださいね。

今回の無料ヒーリングを新しいスタートとして、 本来の素敵なあなたと、あなたの人生を取り戻し、幸せな毎日を過ごしてください。


無料ヒーリングを体験してみる

SNSでもご購読できます。